お手手つないで専用機タラップ昇降、安倍首相 [安倍の危うさ]

                          (一言) 第一次安倍内閣でも、外遊にお手手つないでタラップへ。
                                         びっくりした。
                                 一国の総理が、国の命運を背負って外交に臨むのだ。
                                 国のことで頭がいっぱいなら、こんな行為はしない。

                                 企業のトップが、海外でのとの交渉に出向くとき、
                                   会社の命運を背負って出かけるとしたら、‥‥
                                 企業の役員は自分の人生を託そうとするだろうか、
                                 株主は自分の資産を託そうとするだろうか。

                                      案の定、政権を投げ出した。

                                 第二次、安倍内閣ではどうするだろうか?
                                      と思っていたら、発足当初から、前と同じ。

                                  この人、精神的に弱いんだ。自立心が未成熟。
                                         やがて自分を見失う、だろう。


安倍首相、米・カナダ歴訪を終え専用機で帰国

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130928-OYT1T00718.htm    20130928-020861-1-N.jpg

カナダ・米国歴訪から帰国した安倍首相夫妻(28日午後4時58分、羽田空港で)=本間光太郎撮影

 安倍首相は28日午後、カナダ、米国の歴訪を終え、政府専用機で帰国した。

 米国では、ニューヨークの国連総会で一般討論演説を行い、地域や世界の平和と安定に積極貢献する「積極的平和主義」の理念を打ち出した。また、政策研究機関「ハドソン研究所」主催の会合で講演し、集団的自衛権の憲法解釈見直しに意欲を見せた。ニューヨーク証券取引所での講演では、安倍政権の経済政策「アベノミクス」をアピールしたうえで、日本への積極投資を呼びかけた。

(2013年9月28日19時12分 読売新聞)
タグ:自立心
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0